2009年6月17日 (水)

Rick Braun & Richard Elliot

気が付けば、長い間更新できずに月日が経っておりました。

4月は、鹿児島に帰省、5月は現在参加しているビッグバンドの自主コンサート、6月は米軍のビッグバンドの方々のコンサートで前座、などなど。。

仕事の方は、ジャズの10枚組みコンピレーションを編成しました。

http://www.um3.jp/shop/goods/goods.aspx?goods=05871

また、先日は丸の内のライヴ・ハウス“Cotton Club” に初めて行きました。場所柄なのか、ラグジュアリーな大人の雰囲気。そこで、リック・ブラウン&リチャード・エリオットの公演を観てきました。http://www.cottonclubjapan.co.jp/player/090611/ このトランペットとサックスのユニットは、だいぶ前から知っていたのですが、生は初めて。元気なおっちゃんたちで、ファンキーなスムース・ジャズをやっています。個人的には、リチャード・エリオットの豊かな音色が好きですが、キレもよく、ラッパとのコンビネーションが絶妙で、ご機嫌でいいですよ! 

| | トラックバック (0)

2009年3月 3日 (火)

セルジオ・メンデス@Blue Note

ブラジル・ポピュラー界の巨匠、セルジオ・メンデスのライヴに初めて行ってまいりました!少し遅れて会場に着いたのですが、舞台の上は、大所帯。しばらく状況を把握するのに(現実と夢の世界との間さまよう)5分くらいボーっと眺めていて、やっとセルジオ・メンデスを発見!写真は結構若く写ってますからね。

セルメンの音楽って、ハッピーな気分になるものですね。私はあまりセルメンには詳しくないのですが(「マシュ・ケ・ナダ」くらい!?)、それでも、知っているメロディーは多かったし、初めて聴く曲もとっても楽しい。セルメンのピアノ・プレイも去ることながら、リズム隊は強烈!ベース、パーカッション、ドラムの生み出すグルーヴは、素晴らしい!!自発的に、体の芯からリズムに乗ってしまうし(抑える方が大変)、最後は皆踊ってしまいました。ラッパーのゲストも良かったな。とても品があって、ムード・メーカー的存在で、感じが良かったです。外はとっても寒かったのですが、会場はラテン・ワールドで熱かったです!

<ライヴ・メンバー>

Sergio Mendes(key, vo)
セルジオ・メンデス(キーボード、ヴォーカル)
Gracinha Leporace(vo)
グラシーニャ・レポラーセ(ヴォーカル)
Dawn Bishop(vo)
ドーン・ビショップ(ヴォーカル)
Ketie Hampton(vo)
ケイティ・ハンプトン(ヴォーカル)
Carlos"Yutaka" Del Rosario
カルロス・“ユタカ”・デル・ロザリオ(キーボード)
Kleber Jorge(g)
クレベール・ホルヘ(ギター)
Hussain Jiffry(b)
フセイン・ジフリー(ベース)
Mike Shapiro(ds)
マイク・シャピロ(ドラムス)
Gibi(perc)
ギビ(パーカッション)
H2O(rapper)
H2O(ラッパー)

<アルバム/モーニング・イン・リオ>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 3日 (日)

Rosemary Clooney, Na Leo

夏、真っ只中!この季節が最高!!

今日は朝一番に、実家から持ってきたローズマリー・クルーニー『カミング・アップ』というアルバムを聞きながら、休日の朝食の準備を。テナー・サックスに、コンコード・レーベルの看板アーティスト、スコット・ハミルトンン参加。ジャケットも洒落てます。

午後はのんびりと、ハワイの女性3人グループ、Na LeoのコーラスがBGMになっているハワイ風景のDVD観賞。ハワイはまだ行ったことが無いのですが、いつか行ってみたい。。。遠くまで広がるビーチや、海の中、自然たっぷりの映像で、ハワイ好きの方はもちろん、忙しくて旅行にいけない方にもオススメのDVDです!リラックスできますよ~!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月27日 (日)

Uri Caine

最近、近所に出来たお洒落な雑貨屋さん。今日やっと入りました。8畳くらいしかないスペースに、服、雑貨、CDなどが少しづつ置かれてあり、ついCDの方へ。「あ、Winter & Winter かあ」(心の中での呟き)。ショップにいた頃も、このレーベル知っていたけど、なにしろ返品のできない商品だったので、特注以外、あまり仕入れできなかったんです。

お店のお姉さんが、試聴できますよ、とのことで少し聴いてみてよかったのが、Uri Caine Rio。紙ジャケットの仕様がすごく凝っていて、中のブックレットは音をイメージしたイラストが綴られており、う~ん、洒落たことやってるな~って感じ。なので買うことにしました。(以前の私も、このお姉さんのように売ってたのかな?なんて、、、)

ユリ・ケインって、尖った音楽やっているってイメージで、手を出していなかったけど、家に帰って聴いてみたら、楽しく聴けた上に、かっこよかったです。この夏は、もうちょとこれを聴いてみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月19日 (土)

ウクレレ教室見学

最近、ハワイにハマっているという会社の同僚に付き合って、祐天寺にあるウクレレ教室の見学に行きました。そこにはショップもあり、中には色んな種類のウクレレが壁にぶらさがり、フラのグッズやアロハシャツなど、外は寒いけど南国気分。いい感じ~。肝心の教室はどうだったかというと、とってもゆる~い感じで進められていました。まあビギナーズクラスだと、こんな感じかな。個人練習でもある程度は出来そうだし、今年の夏に向けて、ウクレレ始めようかな~。憧れのウクレレ奏者はオータサンです。(世界的ウクレレ・プレイヤー) ↓は、新作のウクレレによるボサノヴァ集です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月16日 (月)

カラパナ

7月6-8日にかけて、HIP HOP のワークショップに参加しました。以前、スポーツクラブでファンクのスタジオレッスンを受けていたこともあり、また機会があったらやってみたいなあと思っていたところでした。初日のワークショップから何とかついていくことができ、3日目は人前で発表!とても楽かったです!

今日、16日は海の日。真夏のビーチを想わせる、ダイナミックなインスト曲があります!それは、ハワイのアーティスト、カラパナカラパナ(2)の中に収録されている「Black Sand(ワイキキの熱い砂)」という曲。数年前、ラジオで聴いて感動し、すぐにCDを買いました。この曲だけがインストなのですが、キーボード・ソロも、サックス・ソロも、メチャメチャかっこいいです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 9日 (土)

クレモンティーヌ

今夜は、ジャジーでボッサな、フランス人ヴォーカリスト、クレモンティーヌのライヴに原宿へ行ってきました。2006年に発売したアルバムルミエールからも何曲か披露。会場では、ロビーでワインやシャンパンなどを注文でき、小洒落た雰囲気の中でゆっくり楽しんできました。

オープニング・アクトに、京都のデュオ、Jusqua Grand-Pereが出演。ヴァイオリンとギターによる、フレンチ~スパニッシュ系のテイストで、様々な曲を聴かせてくれました。彼らのアルバムMelting Pointで2曲、クレモンティーヌと共演しています。

クレモンティーヌさんは、とてもキュートな方で、歌声は、そよ風のよう。フランス語自体のやわらかい響きと合わさって、α波を大放出! 演奏後、楽屋に入らせてもらうことが出来、「ボンソワール!アイ・エンジョイド・ベリー・マッチ、サンキュー」と、つたないフランス語&英語で、握手を交わしました。笑顔がとても素敵で、帰宅後も音と笑顔の余韻が残ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 7日 (日)

七草粥

今日初めて自分で、七草粥を作ってみました。春の七草、せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ。特に今日のような風が強くて寒い日には、温まっていいです。

とても寒いので、さらにラテン音楽で温まろうと思いました。Tito Puente and his latin ensemble with special guest Phil Woods Salsa Meets Jazz。お馴染み、ラテン・パーカッションの巨匠、ティト・プエンテと、先日のブログで書いたビリー・ジョエルのJust The Way You Are でもサックスを吹いたジャズ・サックスの巨匠フィル・ウッズとの共演です。サルサのリズムは、部屋まで温まります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 4日 (月)

銀座

黒いパンプスが必要で、大きめのサイズがそろう銀座の靴屋さんに行ってきました。日曜日の銀座は、ある時間帯だけ歩行者天国になっているようです。クリスマスのショーウィンドウも素敵でした。

Imgp0193 今夜も引き続き、イリアーヌの初リーダー作 イリュージョン(紙ジャケット仕様)を聴いてます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月 2日 (土)

東京 新生活

ついに、30日より東京入りしました。やっと、インターネット環境が整って、街を散歩したり、CDを聴いているところです。

Imgp0172  この周辺は、生活するにはとても便利そうで、駅前には飲食店や雑貨屋さんが沢山ありますし、公園も所々にあるようです。今日は、ここから一番近い公園に行ってみました。もちろん、サックスを持って。大きな池があって、ぐる~っと一周できます。皆、ランニングをしたり、絵を描いたり、カモに餌をあげたり、好きなように過ごしてたので、多分楽器を吹いても良いだろうと、練習してみました。しばらくすると、すぐに声を掛けられました。

おじさん:「練習にするには良い場所だね~」 私:「ここで吹いて大丈夫ですかね?」 おじさん:「いいのよ~、みんな退屈してるんだから~楽器の音でも聞かせれば~」

気さくだな~。でも、何が起こるか分からないので、控えめな音で吹きました。。

今夜は久しぶりにCDを聴きます。こちらに来る前に買って、まだ封を開けてなかったものから1枚。イリアーヌの初リーダー作 イリュージョン(紙ジャケット仕様)。今ではボーカリストとしても定着していますが、このアルバムは純粋なピアニストとしてのアルバムで、イリアーヌの独特の和音、ソフトだけどアタックの効いた流れるようなフレーズ満載です。バック・ミュージシャンも凄い顔ぶれ!1986年の録音ですが、新鮮。プレイに緊張感もあるけど、何となくホッとできます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧