« 2014年9月 | トップページ

2018年2月 8日 (木)

ベニー・カーター 「アメリカン・スウィンギング・イン・パリ」

今日もベニー・カーターから1枚。

「アメリカン・スウィンギング・イン・パリ」は、1936~1938年にかけてパリで録音された音源集で、ベニー・カーターを中心に、ステファン・グラッペリ(Vn)、コールマン・ホーキンス(Ts)、ジャンゴ・ラインハルト(Guit)など様々な名手が参加しています。
「Crazy Rhythm」「Out Of Nowhere」「Sweet Georgia Brown」「Honeysuckle Rose」と、お馴染みのスウィング・ナンバーが続きます。コードアルペジオを用いたメロディアスなソロ、リズム・ギターといった、この時代独特の明るくお洒落なサウンドに、心が和みます。
お洒落であったかいスウィングジャズを聴きたい方にオススメです。
▼ベニー・カーター「アメリカン・スウィンギング・イン・パリ」▼

2018年2月 7日 (水)

ベニー・カーター カルテッ ト「モントルー '77」

2月の寒さも忘れてしまうほどホットなジャズを……と思って久し振りに手にとったCDが、ベニー・カーター カルテット「MONTREUX '77」。名アルト奏者であり、名作曲家でもあるベニー・カーター。現在参加しているスウィング系ビッグバンドのレパートリー曲を通して知ったのがきっかけで、CD購入に至りました。CDのクレジットを見ると、トランペットも吹かれている。何て多才な方なのでしょう。

ベニー・カーターさんのアルトの音色は、とってもファットで温かい。ソロはとてもメロディアスで、コードを感じさせるもの。収録曲に好きなスタンダードが多く入っていたことも、このCDを購入した決め手でした。
「IN A MELLLOW TONE」、「WAVE」、「BODY AND SOUL」、「ON GREEN DOLPHIN STREET」など。
ジャズの多くは、曲のスタイルや雰囲気に合った奏法や表現というものがあり、それを知らずに何でも一辺倒に吹いてしまうと、その曲の魅力や聴く人の期待をも裏切ってしまうような傾向があります。
なので、スウィング系をやるなら、スウィング系の奏者をたくさん聴くことが、とても大事なんです。と分かっていながらも、なかなか先は長いのですが……。
ベニー・カーター最初の1枚にオススメです。
▼ベニー・カーター カルテッ ト「モントルー '77」▼

« 2014年9月 | トップページ