« 2011年1月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年2月 1日 (火)

スティーブ・サックス&ジョナサン・カッツ@吉祥寺Sometime

先日の土曜日、電車で一駅、吉祥寺のジャズライヴハウス、Sometime にふらりと出掛けました。サッカー決勝戦までの空いた時間に。

どんな感じだろう?と思って楽しみに行ったら、パーカッションの方が二人、ステイーブさんはフルートを吹いていて、なんかとても気持ちいい感じのラテン・ジャズを繰り広げていました! なかなか、こういうスタイルのラテン・ジャズは、日本では聴けないんじゃないかな。すごく盛り上がっているんだけど、力みすぎていなくて、リラックスした状態で熱くなれる。こういうの、今は無きラジオ番組、"Crossover Eleven" でかかってたな~。

その後、スティーブさんはソプラノ・サックスやバリトン・サックスに持ち替えて、ピアノのジョナサン・カッツの小気味良いプレイ、ズンズンとリードするベース、盛り上がるラテン・パーカッション二人に乗せられて、気持ちよさそうにプレイしていました。

ライブって、やっぱりこうでなきゃ! いいですよね。

吉祥寺のSometimeは、店内の真ん中にミュージシャンが立ち、周りを囲むようにお客さんの席があるので、ちょっと変わった雰囲気です。公開スタジオにいるような感じといういうか。

ジャズ・ファンにはお馴染みの場所でしょうけど、まだ行ったことのない方、東京、中央線沿いにお越しの際は、是非立ち寄ってみてくださいね。

Sometime

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年6月 »