« 2009年3月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年6月23日 (火)

Roy Hargrove Quintet

今夜はBN東京にて、Roy Hargrove Quintet の演奏を聴いてきました。

Roy Hargrove は、90年にメジャーデビューし、ハービー・ハンコックやマイケルブレッカーらとも共演した、現在最も注目のトランペッター。

生で観るのは初めてで、第一印象は、小柄な人。そんな外観とは裏腹に、いきなり飛び出たハイトーン!溢れ出るフレーズ!公演初日から、すごいモチベーション!かっこいい~!彼の音楽性、とても好きです。伝統的なジャズが芯にしっかりあって、ヒップホップ世代のクールなグルーヴ、かと思えば熱いキューバン・テイスト、ロマンティックな音色で奏でるバラードなど、色彩豊かです。

バックの強力なリズム隊、そしてサックスのジャスティンのクラシカルな音色・滑らかでエモーショナルなフレーズも素晴らしい!

ライヴは、非常にテンポ良く進行していき、間のセンスがある人だなあ~と思いました。私にとって、今年の最高のベスト・ショウです。

世界のトップ・プロの演奏が聴ける環境に、改めて感謝!

Roy Hargrove(tp)
ロイ・ハーグローヴ(トランペット)
Justin Robinson(sax,fl)
ジャスティン・ロビンソン(サックス、フルート)
Sulivan Fortner(p)
サリヴァン・フォートナー(ピアノ)
Ameen Saleem(b)
アミーン・サリーム(ベース)
Montez Coleman(ds)
モンテス・コールマン(ドラムス)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月17日 (水)

Rick Braun & Richard Elliot

気が付けば、長い間更新できずに月日が経っておりました。

4月は、鹿児島に帰省、5月は現在参加しているビッグバンドの自主コンサート、6月は米軍のビッグバンドの方々のコンサートで前座、などなど。。

仕事の方は、ジャズの10枚組みコンピレーションを編成しました。

http://www.um3.jp/shop/goods/goods.aspx?goods=05871

また、先日は丸の内のライヴ・ハウス“Cotton Club” に初めて行きました。場所柄なのか、ラグジュアリーな大人の雰囲気。そこで、リック・ブラウン&リチャード・エリオットの公演を観てきました。http://www.cottonclubjapan.co.jp/player/090611/ このトランペットとサックスのユニットは、だいぶ前から知っていたのですが、生は初めて。元気なおっちゃんたちで、ファンキーなスムース・ジャズをやっています。個人的には、リチャード・エリオットの豊かな音色が好きですが、キレもよく、ラッパとのコンビネーションが絶妙で、ご機嫌でいいですよ! 

| | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年9月 »