« Darn That Dream | トップページ | Roy Hargrove »

2008年11月 3日 (月)

Andy Snizer

昨夜は、銀座でJAZZを聴きました。会場はなんと、シャネル!shine 銀座のシャネルのビルですよ~! この上にはホールがあって、たまにコンサートや展覧会などやっているのです。こんなことでもないと入る機会の無いリッチなビルなので、きちんとジャケット着用で聴きに行きました。

この日は、2日間にわたって開催されたジャズ・フェスの2日目で、私の観た公演アーティストは、若手バリバリのテナー奏者、アンディ・スニッツァー率いるクインテット! アンディは、以前MJQ(Manhattan Jazz Quintet)で、鹿児島に来たとき観たなあ~と思いつつ、今回は彼のリーダー・バンドなので、どうなるかワクワクしてました。

ホールは、シックで上品shine、まさに銀座のど真ん中、シャネルのホールだわ~という感じで、身も引き締まる思いで会場入り。通されたのはなんと、舞台向かって左サイドの一番前!!ピアノの鍵盤もバッチリ見えるし、ギターのチャック・ローブは目の前、アンディのフィンガリング(サックスを右側に構えるので)もバッチリgood見えてしまう、おまけにドラムは向かって真正面、ナイスな席で観賞することができたのです。

1曲目は、新作『クール・ストラッティン』に収録されているオリジナルのブルース「CJブルース」から始まり、続けて「Stella by Starlight」。この曲は本当に不思議なコード進行で、いつ誰のヴァージョンを聴いても、いいなあと感じてしまう曲。この日の演奏も、実に素晴らしく、テナーの少しハスキーながらも艶のあるメロディアスなソロは絶品、ピアノのソロも3コーラス、凝ったことやっていて面白かった~。その後、もちろんタイトル曲も。

ゲスト・ヴォーカルkaraokeの投入具合も良かったです。途中で2,3曲、またクインテットに戻って、最後にヴォーカル・フィーチャー。ヴォーカリストは、アマンダ・ブレッカー。なんと、ランディ・ブレッカーとイリアーヌのお嬢さんです。スタイル抜群の美人lovely、加えて滑らかなシルキー・ヴォイスで、会場が、一気に華やかで甘い雰囲気に変わります。この空気感を変えてしまう存在感というのは凄いですね。

チャック・ローブのギターも良かった~。アンディはお茶目な表情を見せながらも結構紳士dramaで、各アーティストをフィーチャーしている間は、裏方に徹底している様子が微笑ましかったですcatface。フィーチャー曲では、テーマはもちろん、ソロもやらせたいだけやらせるから(と言ってもフィーチャーされるアーティストもこのくらいで止めておこうという時間的認識はある)、ライヴを観に来ている私達も、アーティスト全員のプレイをまんべんなく堪能することができましたgood

最後はコルトレーンの「ジャイアント・ステップス」footをミディアム・スローで。これも良かった~。アンディ・スニッツァーは、本当にいい音してました。テンションも常に高いし、ソロもダイナミックでゾクゾクさせられますね。ピアニストは、この曲の途中で「ワルツ・フォー・デビー」を引用するなど、洒落もバッチリ。ミュージシャン同士のアイ・コンタクトも見える距離でしたし、一番前ならではの臨場感まで楽しめて、よか晩でした。happy01

|

« Darn That Dream | トップページ | Roy Hargrove »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166004/24980641

この記事へのトラックバック一覧です: Andy Snizer:

« Darn That Dream | トップページ | Roy Hargrove »