« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月30日 (土)

Michel Camilo

夏休みの宿題がたまった小学生のように、お盆明けの仕事は盛りだくさんでした。「こんなことなら、休むんじゃなかった、、、」と最初から分かっていたけど休んでしまったから自業自得。。この2週間、毎晩終電前まで、めまいがしそうでした。

明日で8月も終わり。最近は、夕方になると雷雨で、毎週末毎にが近づいてくる感じで、実に寂しいです。。

今日は、福岡のライヴ仲間(BNつながり)とのメールで、「最近のジャズに刺激がなくてライヴも行っていない」とのお言葉が。たしかに、私もここ10年くらいの間、仕事でジャズのアルバムを扱って感じたのですが、フュージョン(1970年代)時代で、ジャズの大きな進化は止まっています。(マイルスの“ビッチェス・ブリュー”は1969年)その後は伝統を踏まえた正統派路線(New Main Stream)か、これまでのスタイルを踏まえつつ+アルファで、クラブ・サウンド、ヒップ・ホップ、ラテンなど現代の感覚を取り入れたスタイル、、、という流れでしょうか。

まあでも、こんな時代でも良い音楽は溢れているもので、色々聴いてみると楽しいと思います。(←脳天気^^;) 

コルトレーンやエヴァンス、マイルスが好きな方に、昨年発売になったこんなアルバムはいかがでしょう? ラテン・ジャズ・ピアニスト、ミシェル・カミロSpirit of the Moment(2006年録音) 。ミシェル・カミロのピアノは、情熱的でパーカッシヴかつ哀愁漂うタッチ&フレーズ、和音の使い方など、素晴らしいとしかいいようがありません。このアルバムには、カミロのリズムに凝ったオリジナル他、ウェイン・ショーター作(マイルスのアルバムでお馴染みの)「Nefertiti」、マイルス&ビル・エヴァンス作「Nardis」、コルトレーン作「Giant Steps」など、カミロ独自の解釈で、刺激的なプレイが聴けます! いいアルバムです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月15日 (金)

Candy Dulfer

今夜初めてCandy Dulferのライヴを観に行きました。説明不要でしょうが、オランダ出身の美人サックス・プレイヤー。場所は東京Blue Note。

彼女のLive DVDライヴ・アット・モントルー2002は観たことあったので、パワフルな人だなあと思っていたのですが、実際観て、本当にたくましい!かっこいい!!ただでさえ、重たい楽器を首から吊るして体力使うのに、吹いて、歌って、踊って、盛り上げて! 

肝心のサックスはというと、メイシオ・パーカーに影響を受けたというだけあって、ファンクのグルーヴは強力です。このグルーヴを出すには、キレのあるプレイ、おそらく、裏打ちのリズムをはっきりとしたアタックで、ドンピシャで出すことが、基本にあるような気がします。彼女の代表曲、SAX A GO! GO! では、アドリヴの後半で、どんどんキーが高くなっていって、リズム隊も巻き込んで、頂点まで上りきって、会場の皆を興奮の渦に巻き込んでしまうんだから、凄い! さらに私の好きなファンク・ナンバー、Average White Bandの「Pick Up The Pieces」 も聴けて、満足なライヴでした!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月 3日 (日)

Rosemary Clooney, Na Leo

夏、真っ只中!この季節が最高!!

今日は朝一番に、実家から持ってきたローズマリー・クルーニー『カミング・アップ』というアルバムを聞きながら、休日の朝食の準備を。テナー・サックスに、コンコード・レーベルの看板アーティスト、スコット・ハミルトンン参加。ジャケットも洒落てます。

午後はのんびりと、ハワイの女性3人グループ、Na LeoのコーラスがBGMになっているハワイ風景のDVD観賞。ハワイはまだ行ったことが無いのですが、いつか行ってみたい。。。遠くまで広がるビーチや、海の中、自然たっぷりの映像で、ハワイ好きの方はもちろん、忙しくて旅行にいけない方にもオススメのDVDです!リラックスできますよ~!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »