« 引越完了 | トップページ | としまジャズ・クルーズ »

2007年6月 9日 (土)

クレモンティーヌ

今夜は、ジャジーでボッサな、フランス人ヴォーカリスト、クレモンティーヌのライヴに原宿へ行ってきました。2006年に発売したアルバムルミエールからも何曲か披露。会場では、ロビーでワインやシャンパンなどを注文でき、小洒落た雰囲気の中でゆっくり楽しんできました。

オープニング・アクトに、京都のデュオ、Jusqua Grand-Pereが出演。ヴァイオリンとギターによる、フレンチ~スパニッシュ系のテイストで、様々な曲を聴かせてくれました。彼らのアルバムMelting Pointで2曲、クレモンティーヌと共演しています。

クレモンティーヌさんは、とてもキュートな方で、歌声は、そよ風のよう。フランス語自体のやわらかい響きと合わさって、α波を大放出! 演奏後、楽屋に入らせてもらうことが出来、「ボンソワール!アイ・エンジョイド・ベリー・マッチ、サンキュー」と、つたないフランス語&英語で、握手を交わしました。笑顔がとても素敵で、帰宅後も音と笑顔の余韻が残ってます。

|

« 引越完了 | トップページ | としまジャズ・クルーズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166004/6715832

この記事へのトラックバック一覧です: クレモンティーヌ:

« 引越完了 | トップページ | としまジャズ・クルーズ »