« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月30日 (金)

東京桜便り 

Photo_1 昨日の朝、いつもより早起きして、出勤前にお花見をしてきました。近くにある善福寺公園の桜は、満開!うすピンク色の、ほのかに甘い香りが公園いっぱいに広がっていました。この春は、職場でジャズの新企画も出せそうで、なんだかいい予感。頑張ろう~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月26日 (月)

Eric Mariental

3月に入ってから寒い日が続きましたが、昨日今日あたり、やっと春らしい気候になってきました。もう、寒くならないで欲しいものです。

最近はエリック・マリエンサルのカバーアルバムGot You Coveredを繰り返し聴いています。収録曲は、ポップス・ジャズ・クラシックなど、彼のお気に入りのナンバーで、どれもいい曲ばかり、意外と新しい発見のあるカバー集です。特に私の好きな曲は、ハロルド・アレーンによる名スタンダード“I've got the world on a string”と、何とも色っぽい音色で奏でる“moody's mood for love”。メロディを情感豊かに奏でる、シンガーのようにサックスを吹く。。。エリックは、これらの名曲を素晴らしく歌い上げています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月18日 (日)

バンド復活!

続々と東京に転勤になっていた、福岡で出会った音楽仲間達と約5年振りに再会!メンバーも全パート揃い、バンド復活!練習開始です。とりあえずまだ先ですが、演奏の予定がひとつ決まったので、この週末はバンドでやりたい曲をピックアップ。楽しみがひとつ増えました。ちなみに、フュージョン系のバンドで、曲は色んなのをやってます。

個人的に取り組んでいるのはボサノヴァの名曲“Wave”ですが、これが難しい。ポール・デスモンドのバージョンなんて、不思議な音使いで、全く感心させられます。ライヴ・アルバムThe Paul Desmond Quartet Liveに入ってます。この他に、お馴染み、Take Fiveのライブ・バージョンも聴けるので、デスモンドの隠れ名盤です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月10日 (土)

Getz & Evans

3月は、何かと予定が増えそうです。1日目は、こちらで仕事に就いて初めて(やっと!?)職場の人たちが歓迎会をしてして下さいました。ありがとうございました。仕事中は皆業務に集中してて、私語がほとんど無い職場ですが、この日は色々話が出来てよかったです。

3日目は、ブラジル音楽のライブに行きました。以前から東京に来たときに通っていたライヴ・ハウスです。こちらに来て久しぶりに、全身リラックスして音楽に身を任せました。

7日目は、デビュー20周年を迎えたTAKE6のライヴに。メンバーとは、約2年ぶりの再会です。福岡BNが無くなってからこの日まで、ずっと観に行くのを我慢しておりました。私はデビュー当時からのファンですから、あれからもう20年経ったのかと思うと、年月の速さにぞっとします。ライヴでのTAKE6のハーモニーは、やっぱり凄かったです!本当に惚れ惚れします。新作Feels Goodからも数曲歌ってくれました。

そんな中、私もサックスの練習を頑張らねば、、、と思い、スタジオの回数券を購入。早速今夜2時間こもって練習しました。帰宅後、聴いているのは、Stan Getz and Bill Evans。1964年の5月、名エンジニア、ルディ・ヴァンゲルダーのスタジオで2日間に渡って録音されたセッションからピック・アップしたもの。Night And Day, But Beautiful, Wnew などが特に好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 2日 (金)

Keith Jarrett

先週、突然、思いもよらない企画の仕事を上司からいただきました。すごく急がされて、夜も土日も頭の中は、そのことでいっぱい。。(といっても音楽関係、必死にCDを聴いてました)なんとか書類にして無事提出。またこの企画の実現に向けて来週もバタバタなりそうです。

そんな感じで久しぶりのブログ、今夜はピアニスト、Keith Jarrett星影のステラを聴いてます。大好きなスタンダード、Stella By Staright(星影のステラ)で始まるライブ録音盤。ものすごい集中力と張り詰めた緊張感が、プレイから伝わってきます。収録曲最後の「オールド・カントリー」もお気に入りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »