2018年2月 8日 (木)

ベニー・カーター 「アメリカン・スウィンギング・イン・パリ」

今日もベニー・カーターから1枚。

「アメリカン・スウィンギング・イン・パリ」は、1936~1938年にかけてパリで録音された音源集で、ベニー・カーターを中心に、ステファン・グラッペリ(Vn)、コールマン・ホーキンス(Ts)、ジャンゴ・ラインハルト(Guit)など様々な名手が参加しています。
「Crazy Rhythm」「Out Of Nowhere」「Sweet Georgia Brown」「Honeysuckle Rose」と、お馴染みのスウィング・ナンバーが続きます。コードアルペジオを用いたメロディアスなソロ、リズム・ギターといった、この時代独特の明るくお洒落なサウンドに、心が和みます。
お洒落であったかいスウィングジャズを聴きたい方にオススメです。
▼ベニー・カーター「アメリカン・スウィンギング・イン・パリ」▼

2018年2月 7日 (水)

ベニー・カーター カルテッ ト「モントルー '77」

2月の寒さも忘れてしまうほどホットなジャズを……と思って久し振りに手にとったCDが、ベニー・カーター カルテット「MONTREUX '77」。名アルト奏者であり、名作曲家でもあるベニー・カーター。現在参加しているスウィング系ビッグバンドのレパートリー曲を通して知ったのがきっかけで、CD購入に至りました。CDのクレジットを見ると、トランペットも吹かれている。何て多才な方なのでしょう。

ベニー・カーターさんのアルトの音色は、とってもファットで温かい。ソロはとてもメロディアスで、コードを感じさせるもの。収録曲に好きなスタンダードが多く入っていたことも、このCDを購入した決め手でした。
「IN A MELLLOW TONE」、「WAVE」、「BODY AND SOUL」、「ON GREEN DOLPHIN STREET」など。
ジャズの多くは、曲のスタイルや雰囲気に合った奏法や表現というものがあり、それを知らずに何でも一辺倒に吹いてしまうと、その曲の魅力や聴く人の期待をも裏切ってしまうような傾向があります。
なので、スウィング系をやるなら、スウィング系の奏者をたくさん聴くことが、とても大事なんです。と分かっていながらも、なかなか先は長いのですが……。
ベニー・カーター最初の1枚にオススメです。
▼ベニー・カーター カルテッ ト「モントルー '77」▼

2014年9月18日 (木)

テスト

テスト

2012年3月 5日 (月)

サックス・セクション

社会人ビッグバンドに入って丸4年、横のつながりで徐々に友達が増えていってます。最近は、私の入っているバンドに、他のバンドからお手伝いで来ているトロンボーンの方から、逆に、手伝いを頼まれたり、なんてことも。今夜は、そのバンドの手伝いに行ってきました。

手伝いの本番でご一緒する、トップアルトの方はプロなのですが、横で吹いていると大変勉強になります。私が無意識にやっているちょっとした癖のある吹き方を、すぐに指摘してくださいました。緊張感の中、一緒に吹いていて、とても気持ちが良かったです。

反省モードで、帰宅してから、友人から借りている、サックスセクションをフィーチャーしたCDを聴いています。

『The Tenor Summit』 Satolu Meets Young Six (1996)

1940年代から活躍している尾田悟氏をリーダーとした4テナー。この息の合った素晴らしい4人のテナー奏者によるアンサンブルは、まさに熟年の技。色っぽく、リラックスしたサウンド、こんな風に吹けるように成長できたらいいな~。

2012年3月 3日 (土)

久しぶりの投稿

長~い間、ブログをお休みしていました。m(_ _)m

会社で長い時間PCと向き合っていることもあり、なかなか自宅でPCを開かなくなってしまいました。スマートフォンに変えてからは特にそうで、さらに、twitter, facebookなどが流行りだして、さあ大変。

最近は、昔に比べるとCDが売れなくなってきているのですが(現実に、東京23区内でも大型CDチェーンの支店がなくなるなど)、携帯やスマフォをはじめ、これだけ色々なメディアや遊び方の種類が増えれば、時間も足りませんから、確かに仕方ないのかもしれません。

でも、音楽に限らず、本当にいいものは売れる、そんな時代でもあります。たくさんあるだけに、本当に好きなものだけを、いいと思えるものを選び抜いて。

そんな中、仕事ではCDショップ店以外に向けた音源ビジネスをする部門内で5年務めており、昨年、同じ部内で、制作編成からマーケティングの仕事に移り、新しいことに日々チャレンジ中です。2012年も引き続きがんばります。

そして、このブログもまた綴っていければなあと思っています。

今日から再開!

2011年6月14日 (火)

Cool Jazz ~ Jazz Time

約3年にわたり、手掛けてきたD社さんとのお仕事、「Cool Jazz Collection」 が、2011年3月をもって、全80巻でシリーズ完了となりました! 前職の経験の総まとめともいうべきお仕事を担当させていただき、自社も含め、各社のジャズの音源を再確認することができ、いい経験となりました。本当にラッキーでした。創刊号が書店に並んだときは、感動したものです。このお仕事には、たくさんの方々が関わり、色んな意味でたいへん勉強になりました。

左バーに貼っていたリンクは、シリーズ完了につきリンク切れましたので、削除します。

そして!あらたに、途中から平行して進行していたU社とのお仕事、「Jazz Time」が発売になりました。通販商品になります。http://www.u-canshop.jp/jazztime/ 

2011年2月 1日 (火)

スティーブ・サックス&ジョナサン・カッツ@吉祥寺Sometime

先日の土曜日、電車で一駅、吉祥寺のジャズライヴハウス、Sometime にふらりと出掛けました。サッカー決勝戦までの空いた時間に。

どんな感じだろう?と思って楽しみに行ったら、パーカッションの方が二人、ステイーブさんはフルートを吹いていて、なんかとても気持ちいい感じのラテン・ジャズを繰り広げていました! なかなか、こういうスタイルのラテン・ジャズは、日本では聴けないんじゃないかな。すごく盛り上がっているんだけど、力みすぎていなくて、リラックスした状態で熱くなれる。こういうの、今は無きラジオ番組、"Crossover Eleven" でかかってたな~。

その後、スティーブさんはソプラノ・サックスやバリトン・サックスに持ち替えて、ピアノのジョナサン・カッツの小気味良いプレイ、ズンズンとリードするベース、盛り上がるラテン・パーカッション二人に乗せられて、気持ちよさそうにプレイしていました。

ライブって、やっぱりこうでなきゃ! いいですよね。

吉祥寺のSometimeは、店内の真ん中にミュージシャンが立ち、周りを囲むようにお客さんの席があるので、ちょっと変わった雰囲気です。公開スタジオにいるような感じといういうか。

ジャズ・ファンにはお馴染みの場所でしょうけど、まだ行ったことのない方、東京、中央線沿いにお越しの際は、是非立ち寄ってみてくださいね。

Sometime

2011年1月29日 (土)

Rocking Chair

大変ご無沙汰してしまいました、このブログ。 もし見てくださっている方がいたら、ご心配おかけしました。ちゃんと生きてます、私(笑)。

今夜のBGMは(もう明け方だけど・・・)、ピアニスト、佐藤允彦氏の 『ロッキングチェア    (BJSP-0002 / Spice Company)。ほっと一息つける、優しくもスタイリッシュなスタンダード中心のソロ・ピアノ集です。とても素敵なアルバム。

何かと色々あった2010年。楽しいこと、ちょっぴり辛いこと、嬉しいこと、残念なこと。でもやっぱりエキサイティングで楽しいです。音楽を聴いたり、演奏したりすることは、自分にとって、ビタミン剤のようなものです。

仕事では、2007年からCDの制作に携わっていましたが、今年からは、CDの企画、WEB、新聞媒体などを使った広告制作など、新たなことにもチャレンジします。WEBと新聞では対極ですが、WEBに関しては、様々なコミュンケーション・ツールが増えて、その進化の早さを、改めて感じてます。

今年のおみくじは“吉”! “達成”の年だそうで、がんがん行きたいと思います!今年もよろしくお願いいたします。

Ashikaga_flower_park

2010年1月30日 (土)

Theme From Ice Castles

今日は体を動かしたくて、最近やりたくて気になっていた、アイス・スケートにチャレンジしてみました。インターネットで最寄のアイス・スケート場を検索し、高田馬場のシチズン・プラザへ。スケートリンクでは、皆気持ちよさそう~にスイスイと滑っています。私は、小学生の頃以来でしょうか、初心者同然。しかし、ローラースケートなら一時期ハマッてやったことがあるので、少しくらいは滑れるだろうという、わずかな期待を持ちつつ、シューズを履いて氷の上に立ちました。立てた!1周目は、塀をつかみながら、すると少しコツがつかめて、2周目から自力で前進できました。その後、休憩をはさみながら、約1時間半ほど、どんどん滑れるようになって、楽しかった!!

今夜は、昨年末参加した、コンボ演奏の時の録音を、反省材料として聴いてます。「A列車で行こう」、「ハーレム・ノクターン」などなど16曲。その中で私のアルトをフィーチャーしていただいた「テーマ・フロム・アイス・キャッスル」。(作曲:Marvin Hamlisch)この曲は1978年のアメリカ映画のテーマなんですね。観たことはないですが、フィギア・スケート界のアイドルをヒロインに迎えたラヴ・ストーリーらしい。このテーマ曲は、とてもシンプルなスケールを用いたメロディーなのですが、何度演奏しても飽きのこない、美しい、よくできたメロディーです。タイトル通り、静かで白く美しい、冬の景色と、高鳴る心の動きを連想させる、まさにそんな曲なのです。

2010年1月29日 (金)

玉木 勝Trio@本郷3丁目

今月は、学生時代の友人や先輩が東京出張で来て、久しぶりの再会があったり、仕事ではクライアントさんとの新年会、プライベートではバンド仲間とワイワイやったりと、冬で寒いけど賑やかです!

今週は月曜日に、大学のビッグバンド時代の先輩が鹿児島から出張でいらして、こちらに住む後輩も交えて、一緒に本郷3丁目のライヴ・ハウスへさくっと飲みに行ったのです。駅近くの、「グー(Gout)」という店名、あれ?確か前一度、来たことある店。

出演ミュージシャンは、今回この店に連れてきてくれた後輩の、お友達とのこと。注文したドリンクがきてしばらくすると、演奏が始まりました。

これがいい感じ! ベースとギターのDUOで、ベースはご機嫌!ギターはすっごく歌ってる!! そして、その後ヴォーカリストが登場し、歌い始めたら、これまたびっくり!!聞いていくうちに、バックの素晴らしさも去ることながら、どんどん彼女のヴォーカルに惹きこまれてしまいました!!

矢部みなこさん、というヴォーカリスト。こんなにリラックスしてのびのびとしたヴォーカルには、なかなか出会うことがありません、びっくりしました。ライヴが終わる頃には、すっかりファンになりましたね。音楽はどんな楽器・スタイルでも、心地良く聞けるのは、リラックスしていることなんだな~と、改めて痛感しました。余計なところに、いっさい無理な力が入っていないのです。矢部さんも、声を張り上げることなく、ごく自然に、大らかな豊かなヴォイスで、ジャズ、ブルース、ボサ・ノヴァなど鮮やかに歌いこなしていました。

リーダーの玉木勝さんのベースは、なんといってもご機嫌!ぐいぐい、ヴォーカリストやギタリストをリードしていましたね。ギターの塩川俊彦さんも、本当に良かった!ちょっとした入り方のタイミングだったり、フレーズに歌心を感じて、さりげなくかっこよかったです。

いや~、こんなに若い方たちが素晴らしいジャズを演奏しているんだな~(しかも月曜の夜から)と思い、嬉しくなった夜でした。ここに来るきっかけを作ってくれたA先輩と、ここに連れてきてくれたF後輩ちゃんに、感謝!

«伊藤ノリコさん